HOMEご利用に関するご案内バリアフリーの取り組みバリアフリーの取り組み(車椅子及びほじょ犬での御利用について)

335773.png

車椅子及びほじょ犬での御利用について

車椅子での御利用方法について

  • 運行する車両の設備や車椅子の種類によって、車椅子での乗降が可能な場合と不可能な場合がございます。
                                       
介護人 あり なし
(御自身で乗車可)
なし
(御自身で乗車不可)
車椅子の形状(タイプ) 普通 電動 普通 電動 普通 電動
車両 スロープ付き
スロープ無し
トップドア
(郊外線・高速バス等)
不可 不可

★・・・乗降の際に介護人、もしくは他の旅客の協力が得られ、安全に乗降できる場合に限り御利用いただけます。

    また、電動車椅子の場合、バッテリーが着脱可能で溶解液が漏れ出す危険の無いことを確認させていただきます。

※・・・ハンドル式車椅子は、介護人の有無、スロープの有無に関わらず御利用いただけません。

リムジンバス(長崎空港~長崎市内)及び高速シャトルバス(諫早・大村~長崎市内)を介護人なしでご利用の場合

乗務員または他の旅客の協力がある場合に限りご利用いただけます。ただし乗務員もしくは当局職員が安全に乗降できないと判断する場合は、ご乗車をお断りすることがあります。

なお、長崎空港~大村市内・諫早市内及び諫早市内~長崎市内を運行する路線バスは、スロープ付き車両で運行している場合もあります。
詳しくは、空港バスまたは高速シャトルバスのページをご確認ください。

スロープ付き車両の御利用方法

このマークのある車両は車椅子でのご利用が可能です。
低床車両の正面方向幕の左右と乗車口付近には、「車椅子対応マーク」が表示されています。

 

車椅子での乗車の際は入口付近のインターホンで乗務員までお知らせ下さい。
ご乗車の際は乗務員がお手伝いさせていただき、所定の位置に車いすを固定いたします。
ご安心してご利用下さい。
ご利用の際は、あらかじめご連絡をいただくことで、さらにご安心してご利用いただけます。

 

車椅子ご利用の際のご注意

バス停の環境(歩道幅や勾配等)によっては、スロープを利用できないところがございます。
こちらの路線図で御確認ください。

【長崎地区】   【諫早地区】   【大村地区】

 

県営バスでは、新しい車両を購入する際に、スロープを搭載するようにしており、随時スロープ付き車両を増やしていますが、未だすべての車両にスロープが搭載されているわけではありません。

配車や車両点検等により、スロープが搭載されていないバスが運行する場合がありますので、御手数ですが、事前に営業所へお問い合わせください。

ほじょ犬での御利用について

335773.png1612116.png

ほじょ犬(補助犬)とは、目や耳や手足が不自由な人のお手伝いをする盲導犬、介助犬、聴導犬のことです。
からだの不自由な人のからだの一部であり、ペットではありません。

『身体障害者補助犬法』に基づいて認定された犬で、特別な訓練を受けています。きちんとしつけられているので、社会のマナーも守れるし、お手入れも行き届いていて衛生的です。
だから、公共施設や交通機関などいろいろな場所に同伴できます。

身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)をバスに乗せることは可能か?

身体障害者補助犬法(平成14年5月29日法律第49号)において補助犬の同伴によって施設や車両が著しい損害受けた、もしくは受けるおそれのある場合を除いて乗車は可能です。

身体障害者補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の乗車に関する基準は?

国土交通省の通達「盲導犬を連れた盲人の乗合バス乗車について」(地自第22号の2)においては以下の基準が定められています。

1.盲導犬であることの証明書及び口輪を携帯し、盲導犬はハーネス(胴輪)を装着していること。

2.車内では、一般乗客の乗降時に支障のない場所に着席すること。

3.盲導犬には口輪の装着を必要としないこと。但し、車内混雑時など一般乗客の理解が得られない場合は、必要に応じて装着を求めること。

ご連絡・お問合せ先

窓口 電話番号
長崎営業所 095-822-5141
矢上営業所 095-838-3107
長与営業所 095-844-7131
諫早営業所 0957-26-3080
大村営業所 0957-52-6134
長崎県交通局(県営バス)
〒850-0043 長崎県長崎市八千代町3-1
Tel.095-822-5141 営業時間 : 8:45~17:30 土日祝休み
※上記時間外のお問い合わせは所管の営業所までご連絡ください。(コチラ)